【イチケイのカラス】3話ネタバレとあらすじ!ゲストは?

ドラマ

「イチケイのカラス」3話は、「どうしたらアインシュタインになれるか」という問いを、仲間たちにするところから始まります。。

「イチケイのカラス」の3話のネタバレとあらすじについて紹介していきます。

 

「イチケイのカラス」1話のネタバレとあらすじはこちら
[kanren id=”471″]

「イチケイのカラス」2話のネタバレとあらすじはこちら
[kanren id=”515″]

「FOD」で「イチケイのカラス」を見逃し配信!

\2週間無料体験/

[center][btn href=”https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=xjw7aaz9&acode=enqj9dk7deic&itemid=0″ class=”raised green-bc strong” target=”_blank” ]     FODで今すぐ見る    >>[/btn][/center]

スポンサーリンク

イチケイのカラス3話のネタバレとあらすじ

 

[box class=”box32″ title=”イチケイのカラス3話”]

今回は重過失致死及び死体損壊の事件についての話しです。

 

部長の駒沢(小日向文世)が合議制で扱いたい案件としてメンバーを集めます。
被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)。そのガラス工房に通う娘・碧(渡邉心結)の母・奈央(佐津川愛実)に一方的な好意を寄せ、奈央の夫で被害者の野上哲也(成松修)が浮気をしている、夫と別れなければ罰を与える内容の手紙を送り続けていた。

 

手紙の送り主が藤代だと知った野上は、ガラス工房に訪れ口論からつかみ合いになる。藤代は自転車で逃げようとして野上と衝突し、野上は後頭部を打ち無くなった。犯行が明るみになることを恐れた藤代は遺体を焼却炉で燃やした。

 

裁判長をみちおに指名した駒沢だがいつもの笑顔がなく、何か知っているのではとメンバーに聞かれるが先入観が入るといけないからと、何も言わない駒沢。

 

実は、駒沢は18年前に藤代の事件を裁判等として裁いていたことがあった。当時藤代は重篤な心臓疾患を抱えていて自暴自棄だった。常連客が振り込め詐欺のリーダーだと知り金銭の強奪を企てた。犯罪がバレれば自殺するつもりだったが一味に犯行が見つかりもみ合ううちにナイフが相手に刺さり死亡し、逃亡を図るが自首をした。検察の求刑は無期懲役。駒沢は被害者の過剰防衛と自首をしてきたことを考慮し情状酌量の余地があり、減刑判決を下していた。

第一回公判では、入廷した藤代は駒沢の姿を見て驚く。
重過失致死と死体損壊の罪で起訴された藤代は罪を認めるが、駒沢は今回も過失で殺したのになぜ自首をしなかったのか、なぜ遺体を燃やしたのかと問いただす。

 

検察からは、藤代は起訴事実を認めており、弁護人も異論ないことから否認事件ではないと主張するが、駒沢は納得できない。
藤代は奈央を愛していて野上が邪魔で、人生はやり直せない、一度でも罪を犯せばそれが現実だと言い放つ。周りから後ろ指をさされて生きることにつかれたとも漏らした。

 

坂間(黒木華)は、駒沢が個人的感情で肩入れしていると感じ暴走を止めようとするが、駒沢は全ての証拠を徹底的に洗いなおすよう指示。坂間は被害者の野上は三年前にやっとできた新しい父親だと報告し、みちおも水たまりを見つけるようなものだという。

 

駒沢は当時の判断が誤っていたのではないかと悩む中、第二回公判で、実況見分を二度行ったことにみちおは違和感を覚えなぜ行ったのかと問う。
一度目と二度目の現場を見ると水たまりがあるなしの違いがあったが、藤代は犯行時刻をはっきり覚えておらず捜査員が行動との矛盾を生じた為だと証言。

 

みちおは警察の実況見分に違和感を感じ、真相を明らかにするために裁判所主導の職権発動をし三度目の実況見分を行うこととした。

 

三度目の実況見分では、笹原書の刑事・岡崎と藤代の工房へ向かい、犯行時刻を24時以降だったと仮定した場合の裏取りをしたのかと問われると返答に困る岡崎。

 

駒沢は次回公判までに証拠を提出するよう依頼するが、第三回公判では不見当と返答された。

 

納得がいかない駒沢はみちおと坂間をつれ笹原署へ乗り込み所長の迫田と刑事部長の堀口に、不見当といえばあとで見つかっても逃げられる、警察・検察・裁判所は不正義をしない・冤罪を作らない同じ使命のはず!駆け引きなんてクソくらえだと言われ徹底的に調べるというが、警察からは再び不見当との回答が届く。

同時にその際みちおが個人情報保護法の本を渡した岡崎が現れた。裏取りはしていない、奈央の体にあざがありDVが疑われたが、迫田は本庁に戻ることになっていて、堀口も一緒に本庁に引っ張ってもらうことになっている裏事情があり、奈央が事件にかかわっていたら失点になるからと隠ぺいしていたことが分かった。

 

第四回公判で、検察から警察の状況証拠に不備があり改めて操作しなおしたことを告げる。
交通カメラで事件当時18時ごろ野上の車を運転している藤代が映っていたことを問われ固まる藤後。
すると、奈央が夫の暴力に耐えられず自分が殺したが、病気で長くないからと藤代が身代わりになってくれたというが、藤代は否定する。

 

みちおは、起こってしまったことは変えられない。でもこれからは帰られると諭し、藤代が碧と野上がもみ合う中で花瓶で野上を殴ると死んでしまい、藤代に助けを求めた。藤代は偽装工作した真実を話した。

 

駒沢の人格に感動したことを話す坂間にみちおは、アインシュタインに近づく方法は、疑うこと、常識を疑うことで数々の心理を導き出した。ただ単に信じることは知ることの放棄だと伝える。

[/box]

 

スポンサーリンク

イチケイのカラス3話のゲストは?

 

3話のゲストは藤代省吾役として岡田義徳さんが出演されています。

 

入間みちおにはファンがおり、みちおを見守る会なるものがあります。

3話のゲストとして、鬼越トマホークさんが出演されています。

みちもる会のインスタも公式でできていてドラマを盛り上げてくれていますね。

 

「FOD」で「イチケイのカラス」を見逃し配信!

\2週間無料体験/

[center][btn href=”https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=xjw7aaz9&acode=enqj9dk7deic&itemid=0″ class=”raised green-bc strong” target=”_blank” ]     FODで今すぐ見る    >>[/btn][/center]

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました